上映会 参加者の皆様へ

Filed under スタジオ・ラボ

上映前までは少しまばらな来客でしたが、いつの間にか空席が少なくなっていました。

毎日のように見てきた映像が大きなスクリーンで上映された時は感動。
と同時にサポートスタッフとしても作品毎に緊張の連続が続く1時間30分でした。

最後に挨拶や個々にお話や講評を出来なかったのが残念でしたし、寂しい気持ちです。
個別の講評はメーリングリストへ等で行う予定ですが、サポート班から総評として
今後への課題とアドバイスです。

 

カメラのレンズを通してどのように表現して、伝える事が弱く、話の内容や自分の
思いに重点が置かれてしまった。

思いや伝えたい事を限られた時間(予算等も含む)内で表現し、割り切る事が出来るか。

自分の事ばかりではなく、見る人・使う人の気持ちを考える。

パソコンの上の編集は事前に保存をして、失敗を恐れずにソフトの扱い方を含め映像の
順番や構成を変えたりとさまざまな可能性を考え試してみる。

 

これらの事は経験が必要ですが、初めての挑戦ながら努力や工夫が見えた事はとても
良かったです。
上映会で ” 見て、感じる ” 事があったと思いますので、次の機会にぜひリベンジして下さい。

最後にラボの皆さんと作品や今後について語り合う機会があれば幸いです。
またお会い出来ればと思いつつ、引き続き映像に興味を持って下さればと思います。